◇ペットの幸せは飼い主が幸せな事♪

 

こんにちは、SONIAです(^^)

 

本日は、私が『ペットたちの幸せは 飼い主が幸せかどうかだ』と気付かされたキッカケの事で~す(*'ω'*)

 

ポポは当時11才、13㎏の中型犬 雑種♀

ポポは私を「まゆ」と呼びます(^.^)

 

3年前の事…('ω')

スピと繋がり始めたばかりの1ヶ月後位なのに、自動書記でおぼつかない字を書いてくれるようになったので、質問攻めをしていた頃です(^_^;)

 

スピへの質問…

  「私はこれから 何をして生きるのですか?」

 

自動書記で書いてくれた答え…

   ~ アニマルヒーリングとコミュニケーション ~

 

「へぇ~!? そんな事して生きるの? この私がぁ…?」と、にわかに信じられず、疑心たっぷりの私…( ̄д ̄)

 

後で振り返った時、早くもこの時点で『自分の使命』の一部分を伝えられていたんだなぁ~と、気付けましたが(;^ω^)

 

それに…

それまでの人生では『ヒーリング』も『アニマルコミュニケーション』にも、関わっていなかったので、「何のこっちゃ??」という感じでした(;'∀')

 

で…

『アニマルコミュニケーション』と言われて、早速聞いてみたくなりました

 

 「じゃあ…、ポポが 私に伝えたい事は何ですか?」

 

私はてっきり…

 『ご飯はドライじゃないのが イイ』 とか

 『もっと お散歩行きたいよ~』 とか

 『もっと 遊んで欲しいなぁ』 などと 言われるのかなぁ?と、想像していたんです('ω')

 

それが! 自動書記で書いてくれたその答えは…

 

   ~ まゆが 寂しい想いをしていないだろうか ~

 

 

3年前のこの時期、実際私はとても疲れてました(ーー;)

離婚して自由になれたものの、独りで暮らすのが精一杯。

幾つも仕事を掛け持ちしても、生活に余裕が生まれず、毎日を張り詰めた状態で生きるしかない日々(-_-;)

 

そんな時の、生きる一筋の光が『スピと繋がったこと』で、そんな時の、ポポのこのひと言…(>_<)

「ポポォ~ こんな風に 想ってくれていたの~!? 心配していたの? ゴメンねー ありがとね~!!

 

ボロボロと泣きじゃくったのは、言うまでもありません(^-^;

 

 

そして、気付かされました

 「そっか 私が明るく元気じゃないと、ポポがこんな風に心配してしまうのか!?」

 「飼い主が、幸せじゃないと、動物は幸せじゃないんだ

 

優しく思いやってくれたポポのこのひと言は、私の中で眠っていた、動物への役割を目覚めさせるひと言ともなりました(';')

 

 

今、グースカと眠っているポポの寝姿を見て

 「あの頃と違って、ポポは今、幸せだなぁ」と思えています(#^.^#)

 

そう想える自分になれた、今に、心から感謝です

 

 

~人と動物 共に生きる幸せのため~