アッシジの聖フランチェスコから受け継ぐ精神


メッセージが降りて来て…

 

このメッセージは…

「アニマルハートリーダー協会」の復活を決意した直後に「聴こえて来た」メッセージで、それはまるで天から降って来たかのようでした。

 

伝えてくれたのは、スピ世界で「アセンデッドマスター」と呼ばれている存在のひとつ「アッシジの聖フランチェスコ」からだと分かりました。

  

このメッセージを聞きながら、胸の奥からグワ~ッっと熱いモノが込み上げ、そして「何か」がプチッと弾け感覚があったのを覚えています。

 

  

それはきっと「使命感」なのだと思います。 

  

 

もしかしたら…

このメッセージにココロ動かされた私同様、これから動物と対話する皆さまの心の奥に届いて、まだ眠っている「何か」がプチッと弾け、自分の進む道を想い出していただけるのではないでしょうか。   

 

 

 


動物の心の代弁者へ向けたメッセージ

 
~*~*~ 
 
動物のココロの声の代弁者よ 
 
正しくその声を伝えたまえ
 
動物たちのココロの声を伝える 正しい在り方を身につけたまえ
  
 
動物たちが 怯えないよう
 
動物たちから 信頼されるよう
 
動物に寄り添ったココロで  常に向き合いたまえ
 
  
動物のココロを汚さないよう 
 
細心の注意と思いやりを持って 向き合いたまえ
 
  
今  正しく動物のココロの声を受け取ろうとするならば
 
自分を 正したまえ 
 
 
~*~*~ 
 
(2016.10.21:自動書記にて受取る)

  

 

このメッセージに感銘を受け…

アニマルハートリーダー協会の「精神」として受け継ぎ、個人「アニマルハートリーダー」としての方向性がブレないよう指針にし、初心を忘れずより一層襟を正して取り組んで行こうと気持ちを新たにしています。

 

~ ありがとうございます ~(2016.11.12) 

 


:アッシジの聖フランチェスコ大聖堂

:ロッカマッジョーレ(要塞跡) 

:アッシジの街の朝焼け

:犬と語る聖フランチェスコ像 

 (2014年4月:現地にて撮影)


アッシジの聖フランチェスコについて


*イタリア:アッシジの街並み(ホテルから)
*イタリア:アッシジの街並み(ホテルから)

 

独自の観点からご紹介♪


アッシジの聖フランチェスコ

  

実在した人物で、死後たましいの昇格により、スピリチュアルな存在として認められた…という伝説があります。 

 

担当は…

「動物のたましいを司るモノ」だそう。 

  

動物とココロの対話をする際に、安全に動物と繋いでくれる役割を担って頂いていて、スピ的には動物との対話を専門分野としてサポートをしてくれる「アセンデッドマスター」と呼ばれていると、この存在からも教わりました。

 

動物と安全に対話する際には、必ず繋がってサポートしてもらっています 

   

   

アッシジ

 

街の名前で、イタリア中部ウンブリア地方にある小さなこの街(写真)。 

ローマから電車で2時間位の山間部にありました。

   

 

聖フランチェスコ

 

この地に生まれたそうで、今はこの街の守護聖人として慕われ崇められてるのが、立派な大聖堂を見て実感できました。 

 

2014年に初訪問した大聖堂の中で『よく来た… キアラ…』と声をかけて歓迎して貰えたのが、不思議で面白かったです。 

 

実在した当時に動物と話しをしていた逸話が残っていて、「鳥にも説法」を説いていた様子を写した絵画や、犬に優しく語りかける銅像もありました。

 

  

『キアラ』とは…

『アッシジのキアラ(又はクララ)』と呼ばれていて、聖フランチェスコを師として清貧を説いた一番弟子といわれている実在した方。 

 

      

 


*こぼれ話*  

 

「アッシジの聖フランチェスコ」からメッセージを受け取った時はエネルギーの質の違い、重厚感、トーンや言葉遣いなど普段の私に伝えられる「あの声」とは違い、慈愛に満ちた印象かつ男性っぽい厳かな感じです。