アニマルハートリーダー協会 ごあいさつ

ニマルハートリーダー協会が運営する当サイトにお立ち寄り下さいましてありがとうございます。 

  

協会代表の髙橋まゆみと申します。  

 

昔と比べ動物と暮らす人が増えたことで、衣食住環境もペット対応の物をたくさん見かけるようになり、いち愛犬家としても微笑む機会が増えてとても嬉しく思うのですが、その反面未だ虐待や飼育放棄、遺棄というつらいニュースが後を絶たないのも現実です。

  

ニュースを目にするたびに思うのは、そこに足りない何かがあるとしたなら「人間の心」なのではないかと感じてしまいます。 

 「だとしたなら、予防策はないか…?」 

 「動物との『今』をもっと理解し合い暮らせれば、減少するのではないか…?」

 「もしも私のように導かれるべき方がもっといて この役目を担うよう必要とされていたら…?」 

一個人の考えることではございますが、このような想いが協会の根底にあります。

  

 

この協会は2014年春に「動物のため…」と想いばかりが先走りながら発足し、お休みを頂いて内容を見直しておりました。

主軸と方向性は変わりませんが、もっと広い視野を持つ必要性を感じ、皆さまの活かされるステージも多様な可能性があることを踏まえなくてはならないことに気付き、育成方法や能力定義、認定制度などのサポート体制を改善しています。 

 

「アニマルハートリーダー協会」…

自然と人と動物の心をつなぐ役割を担い、暮らし方改善のサポートが出来る人材育成と活動のバックアップを目的に動き始めます。

 

この協会活動を通じて、動物には心があることが一般常識となり、「アニマルハートリーダー」という心の橋渡し役、また動物との暮らし方の指導役が全国で活躍する時代が訪れること信じて、近い将来「ペットと心を通わせることが飼養の条件」になるような世の中を願い、日々取り組んで参ります。 

 

未来のアニマルハートリーダーを目指す志ある皆さま、家族の一員である動物たちとより良いパートナーになるためにご自身を磨こうとされる皆さまのお役に立てましたら幸いに存じます。

  

まだまだ未熟ではございますが小さな一歩を積み上げて参りたいと思いますので、改めましてどうぞよろしくお願い申し上げます。   

    

 

2018年3月1日 

アニマルハートリーダー協会 代表 髙橋まゆみ

 

~自然と人と動物 共に生きる幸せのため~ 

  

 

 


アニマルハートリーダー協会 未来像

 

人材育成を継続させる目標として…

「2025年までに 全国100名 県に1~2人のアニマルハートリーダーの誕生」を掲げているのは、せめてこの位の有志がおられないと、社会に認知されないのではと考えるからです。  

  

いま現在「アニマルハートリーダー」と名乗るのは代表の私一人ですが、どんな事でも「最初はひとり」と自分を励ましながら…。

  

個々の本格的活動や独立、有志同士の連携など後押しできるような「小さいながらも役に立つ」…そんな「有志の場」となれるよう皆さまのお力添えをいただきながら、共に成長させて行きたい協会活動です。 

   

 

(更新:2018.3.1)