* 浄化の流れ *


 

浄化が起こる仕組みは…

・問題の根本原因を知る

・浄化ワークや宿題を実践する(自主トレーニング)

・行動や心掛けに見合った浄化が起こる

という流れが基本にあります。

 

当方のレッスンなどの場合に「浄化テーマ」を掲げているのはこのためです。浄化されるテーマを知り、それをはばむ意識下にある根本的な原因を知ることは「過去の自分のけがれを受け容れた」こととなり、浄化が始まり出します。

  

レッスンでは、自分自身で浄化を起こせる体質に変える経験が必要と考えていますので、「知る」ことで起こる浄化の割合を「半分」としています。

残り半分は「心掛けと実践」という行動で示し、浄化されるに値する分量をこなすと一旦終了します。 

 

浄化が起こるスピードは、個々の取り組み方でも異なり、また原因の「根深さ」にも関係します。

いずれの場合も浄化を早く起こさせるためには「自主トレーニング」をコツコツ続けることです。 

 

現実に起こる好転や手応えはこのような流れの後から、しかもジワジワ起こる場合も多いので、しばらく経って「そう言えば…」と実感できる場合が多いです。 

(※急激な浄化は身体への負担が大きくなるので、ステップを踏んで自主トレをして頂いています)

 

自分自身の変化は楽しいものでそれこそが成長の証ですが、自覚が難しい点は否めません。成長に気付くにも「現在地点の自分」を知ることが大切なのは、こんな事からも言えます。

 

     

(更新:2018.2.6)