* 動物と話す… 「会話」と「対話」の違い *



  

 

「アニマルコミュニケーション」でも「アニマルハートリーディング」だとしても、技術や能力、会話の内容によって動物との話し方や質が異なります。 

 

当サイト内ではそれ区別するために…

「動物との会話」と「動物との対話」と使い分けをしています。 

 

 


◆動物との… 「会 話」◆


   

 

人の言葉と「動物のコトバ」のキャッチボールが成り立つ場合や状態をいいます

  

 

例 

 人「このご飯は嫌いなのかな?」 

 

 犬「う…ん あんまり… でも嫌いなんじゃないんだ…」 

 

 人「えっ? じゃあ どうして?」 … など 

 

人間同士の会話とほぼ同じで、会話でまさに「コミュニケーション」が楽しめます 

 

   

 

代弁者の腕の見せ所 

 

「会話」では、動物も本音を隠す場面は多いです。 

 

それよりも会話以前の問題で、先ず動物に「この人 安心できる」「信用してもイイんだ」と認めてもらうことかが先決 

 

動物に受け入れてもらえるかどうかは、その後の会話をスムーズに運ぶ第一関門ですので、「人として」「技法として」を磨くことはとても大切です。

 

問題の原因を探るのはコミュニケーターの「質問力」次第で、そこが腕の見せ所であり「会話」の醍醐味といえるでしょう。  

 

  

 


◆動物との… 「対 話」◆


  

 

「対話」は…

 

きもちを察する、読み取る、潜在意識を透視する、メッセージを伝えて来る… など、こちら側だけが「気持ちを知れる」技法や状態をいいます 

  

 

 「眠いのではなくて つまらないのでしょうね」と分かる

  

 「怖い体験をした記憶があって 震えてしまうようです」と読み取る

 

 動物から「いつもありがとう みんな大好き♪」と伝えられる … など 

  

 

なぞの行動の原因を探れたり、ココロの傷の状態を知れるなどのココロの「理解」がより深まるのが「対話」といえるでしょう。  

 

  

 

代弁者の腕の見せ所  

 

代弁者が受取りそれを飼い主さまに伝えるる形なので、飼い主さまが「弾む会話」や動物と「言葉のやりとり」などは楽しめません。  

 

が、より客観的に人と動物の間に立ち、みんなが良い結果となるような適切なアドバイスができればとても喜ばれ、一緒の暮らしがもっと楽しくなるお手伝いが出来るのは、「動物と話す者」冥利に尽きます 

 

この場合も「人とのコミュニケーション力」が試され、問題改善には能力の質の高さが比例しますので「すぴ力磨き」「ココロ磨き」は怠れません。  

 

 

 


*キリリッ!
*キリリッ!

 

 

『お話し しよ~』 

 

 

『一緒の時間は もっとお話し しよ~


(2017.9.3)